説明したいと思った人におすすめしたい本

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

今回はこの本読みました

スポンサーリンク

目次

知的な説明力とは何か

組み立て方で説明は一気にうまくなる

日常生活で説明力をアップさせる方法 

他あり

この本を読むと

  • 人に説明できることが苦にならない
  • 説明する練習方法がわかる

結論

説明するとき短く話せば話すほど大切な所を選択してまとめる能力が必要

それが出来ると色んなことに活かせることができる

感想

人に説明をする時長く説明してくれる人を賢いと思ってませんでしたか

僕はそう思ってました

しかし本当に賢い人は短く分かりやすく説明してくれる人だとこの著作は言っています

第1章でも説明していますが

説明に必要なのは3つが必要でそこから練習方法も書いていました

まずは1階部分から組み立てる必要があるのでここを読んで欲しいですね

そこで印象に残ったのは

時間管理です

次の練習方法をすれば変化していくみたいです

15秒で〇〇について説明をする

時間感覚が身につき不必要な言葉を使わなくなります

時間が限られてくるので色々説明したいけど時間が短いため

  • えーと 
  • あのー
  • そのー

など最初は言ってしまうが慣れてくると

時間感覚がなれて限られた時間で説明できるようになります

必要ないと思った方いるかもしれませんがここでメリットを伝えたいと思います

  • 話しながら時間感覚掴めるようになる
  • 聞き手の集中力が持続してる状態が保てる

このようなメリットがあると思ってます

他2つの必要な内容

練習方法などいろいろあるので少しでも

説明力上げたいと思っているなら是非読んだ方がいいかと思います

口コミ

トレーニング方法や相手の関心度や理解度に合わせた

説明の仕方が詳しく面白ろエピソード満載で書かれていて

楽しみながら学べました

説明力について書かれた本なだけあって
わかりやすい文章だった
ただわかりやすくするために説明が少し丁寧すぎて
内容に幅がなく薄い印象を受けた
 
 
 
仕事にも応用できるヒントが沢山詰まった内容
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました